【 2014年1月 】アーカイブ

2014年1月23日

浅野啓司さん(元プロ野球選手)が訪問してくださいました

本校の前身である福山電波工業高等学校時代の野球部OBで、

元プロ野球選手である浅野啓司さんが、本校を訪問してくださいました!

DSCN9469.jpg

同窓会担当教員の麻生先生(元野球部監督)・貝畑先生(現・野球部部長)と
三人で記念写真! 両先生が手にしているのは浅野さんのサインです。

DSCN9466.jpg

浅野さんは創部3年目の福山電波高校野球部の2年生エースとして、

1965年の広島県予選では広島商業高校を破り決勝まで進出!

高校卒業後はドラフトでサンケイアトムズ(ヤクルトスワローズの前身)に入団し、

以来、ヤクルトスワローズ(1967-76)、そして読売ジャイアンツ(1977-84)と

18年間に渡りプロ野球の第一線で活躍し続けた大投手です!

参考(「ウィキペディア:浅野啓司」の項目より):
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%85%E9%87%8E%E5%95%93%E5%8F%B8 

 

なお、浅野さんはプロ野球選手を引退された後、TVやラジオの野球解説者を経て

指導者としても活躍。ヤクルトスワローズや日本ハムファイターズなどのコーチを歴任し、

現在は東京国際大学硬式野球部のコーチを務めていらっしゃいます。 

野球部での2年後輩にあたる麻生先生と、当時の思い出話に花を咲かせた後は、

本校の硬式野球部の練習風景も見学していただきました!

DSCN9472.jpg

なお、本校野球部は浅野さんだけでなく、岡田英樹さん、村田兆治さん、

世良賢治さん(以上の方々は、電波工業高校時代のOB)、

そして吉岡知毅さん、岡田展和さんと6名のプロ野球選手を輩出しています。

現役部員のみなさんも、そんな偉大な先輩達のことを誇りに思いながら、

まずは夢の甲子園出場に向かって日々の練習をがんばってくださいね!

DSCN9468.jpg

2014年1月16日

記念誌「我が人生の師 益田賢三先生」

柔道部OB同志会の方々がこのたび、本校柔道部の初代監督であり、

現在も最高師範をつとめる益田賢三先生のこれまでの足跡をたどった

記念誌「我が人生の師 益田賢三先生」を発刊されました。

13masudasensei.jpg

「益田先生が柔道部の狼煙をあげられ、半世紀近くたった今、益田先生の

これまでの足跡を辿りながら、辛苦を重ねて築いてこられた歴史と伝統、そして

益田先生の指導理念や人生観等、後世にも語り継ぐべく、本書を刊行しました」

という同誌作成委員長・河野弘さん(柔道部OB同志会会長、昭和49年度卒)

の書かれた序文にあるとおり、

13masudasensei (1).jpg

益田先生の幼少時のエピソードから始まり、柔道に出会い打ち込んだ学生時代、

負傷で果たせなかったものの東京五輪代表の最有力候補とされていた社会人時代、

そして本校の前身である福山電波工業高校に赴任し、一から柔道部を立ち上げての

苦闘の日々と、その柔道部を全国屈指の強豪校に育て上げた栄光の軌跡が、

益田先生ご自身の回想を中心に、当時を知る同僚やOBのみなさんの証言を加え

さらに写真や試合記録なども織り交ぜ、大変詳しく、またいきいきと綴られていました。

13masudasensei (3).jpg
益田先生の人生の足跡だけでなく、本校柔道部の歴史も紐解くことができる

非常に興味深い内容の記念誌でした。ご多忙の中にも関わらず、本著を編纂された

作成委員会のみなさんのご尽力に、心から敬意を表したいと思います

13masudasensei (2).jpg

なお、本著に関しては本校にも数部寄贈いただきましたので、

生徒閲覧用として図書室にも置かせていただこうと考えています。

また本著に対してのお問い合わせは柔道部OB同志会までご連絡ください。

| 1 |


近大福山TOP

  • rss1.0
  • rss2