【特別進学コース】アーカイブ

2018年7月24日

菊池美樹さん(平成26年度卒)を紹介します!

今回紹介するのは菊地美樹さん(平成26年度卒)!
菊池さんは現在、北九州市立大学の4年生なのですが、
彼女になぜ今回登場してもらうことになったかというと、
  
このたび高校生新聞社が大学生協と共同で制作した
「保護者のための大学生活入門」(6/1号)
kikutisan (1).JPG
彼女が参加した海外留学ツアーの体験談が
大きく取り上げられているのに気がついたからです!
(「おお!これ菊池じゃないか!」と職員室で話題に!)
 
彼女が参加した海外留学ツアーは大学生協が主催する
「ディズニー・バレンシア国際カレッジプログラム」!
あのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートで
キャストとして働きながら、バレンシア・カレッジが
提供する科目の履修もできるという人気プログラム!
kikutisan (2).JPG 
 
将来、英語を活かした接客の仕事に就きたい菊池さんにとって
海外のディズニーで働けるのはめったにないチャンス!
そう考えた彼女は高倍率の試験や面接に果敢に挑戦し、
見事ツアーへの参加を果たしたのです!(๑˃ ᴗ˂ )و
kikutisan (3).jpg
   
半年間の留学を終え、異文化に触れ、固定観念を待たずに
考えることの大切さを学んだという菊池さん!
(あと何事にも積極的になり、また接客的には
「少々のクレームにもへこたれなくなった」そうです)
kikutisan (5).jpg
 
記事の最後には海外留学に興味がある後輩たちに向けて
「ぜひ挑戦してください!」と呼びかけていました。
本校の後輩たちも、大学でこんな風にがんばっている先輩が
いることを知って、ぜひ刺激を受けて欲しいですね☆
kikutisan (4).jpg
 
最後に、菊池さんから本校の後輩たちに向けて
メッセージをもらっていますので紹介します!(*^▽^*) 
 
『2014年特別進学コース卒業生の菊池美樹です。
 北九州市立大学英米学科に在籍しており、半年間アメリカの
 フロリダ州にあるディズニーインターンシップなど経験しました!
 世界各国からキャストもゲストも訪れる場所で世界ナンバーワンの
 ホスピタリティを身を持って学べる素敵なプログラムでした。
 将来英語を使った仕事をしたい!グローバルな仕事に就きたい!
 そんな方にはぴったりです。ぜひ今のうちから、TOEICや英検に
 どんどん挑戦してみてください!』
2018年2月 1日

森田健吾さん(平成10年度卒)を紹介します!

今回紹介するのは森田健吾さん(平成10年度卒)です!

現在、地元・福山で庭や外構、エクステリアの会社「そらや」を経営、

備後を代表する作庭家として活躍されています!

moritakengosan (1).jpg
そんな森田さんに色々と質問に答えていただきました!

 

◎「本校を卒業してから今の仕事につくまでの経緯を教えてください

立命館大学理工学部土木工学科を卒業し、関西の造園会社でに就職していたのですが、清掃業を営んでいた父親が病に倒れたため26歳の時に帰郷。清掃業を廃業した後に、新たに現在の会社「そらや」を創業しました。 
moritakengosan (3).jpg
また2013年からはアウトドアクラブ「そらドレン」の運営も行っています。
  
  

◎「今の仕事の内容を教えてください」

 

「そらやLandscape」の運営 since2007 (https://www.soraya28.com)  
 庭、ランドスケープ、エクステリアに関して、設計、デザイン、施工までのトータル提案をさせていただいています。
 
■アウトドアクラブ「そらドレン」の運営     since2013 (https://ameblo.jp/moriken5555/)
 「日常の中の非日常」をテーマに子どもたちの感性を磨くため、空の下でただただ楽しむイベントを開催しています。
 
moritakengosan (2).jpg
 
  

◎「今の仕事のやりがいや今後の目標などを教えてください

 

造園業を創業して10年。庭のコンクールでの受賞歴や東京日比谷公園で開催されるガーデニングショーでの作庭などが認められ、最近ではほぼ「お任せ」で庭の設計施工をさせていただけるようになりました。
「お任せ」が故に期待に対するプレッシャーも大きいですが、完成後にいただける「任せて良かった……」の一言がやりがいでもあり、生きがいです。

moritasantuika (1).JPG

また、「そらドレン」では、子どもたちに混じり自然の中で走り回ることで自らも子どもに戻れるので、作庭の中に取り入れる「遊び心」のヒントとなっています。

今後の目標は「教育」に携わりたいです。

子どもたちに「わくわく」を伝え、将来何かしらのプロフェッショナルを目指してもらえるように……・

ただ、上からの教育ではなく、自ら楽しみながら挑戦し続ける姿を見てもらうことで、少しでも子どもたちにとって刺激になればと思います。

 
 

◎「最後に、後輩達に何かメッセージをお願いします」

 
高校卒業までにやっておくべきこと…「自分を知ること」
 
高校卒業後にやっておくべきこと
 ……「福山を出ること」そして「福山に戻ること」
 
   

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

moritakengosan (4).jpg

ちなみに森田さんからは高校時代の思い出として、上記の「自分を知ること」に関係するこんな面白い話をいただいていて、

「在学中、同じクラスで常に授業中寝てる人がいたのだけど、ただ、試験をやるとなぜか毎回1位……。こっちは真面目にやってんのに、彼にはいつも負ける……。正直くやしい気持ちもありましたが、彼のこと『「カッコええな~』って思いました。、同時にそこではじめて自分を知りました。自分は真面目なフリをしてるだけだ……・と。人生のターニングポイントです。決して授業中寝ることが良いことではないけど、その分、他のみんなが夜寝てる間に努力しまくってるそれがカッコ良く思えました」

そうですね、もちろん授業中に寝るのは決して褒められたことではありませんが(;^_^A)(笑)森田さん的にはそういう「人前では余裕のある姿を見せつつ、実は影ですごく努力している」あり方が魅力的だったようで、そういうのは何だかわかるような気もしますね!

「彼のその姿が今では自分の生き方のスタンダードです。普段寝てる振りして、ぽ~んっと結果を出す……嫌なヤツです(笑)」

と、インタビューの最後を笑いで締めくくってくれた森田さん。関西と福山では庭作りの文化が異なることもあり、お仕事も最初は苦労の連続だったそうですが、ようやく思い通りの庭が作れるようになってきた現在、
更にそこにとどまることなく、新プロジェクト『そらいえ』では、子どもの頃からの夢だった建築の世界にも足を踏み出されています! 
そんな森田さんのバイタリティの原点に、高校時代の居眠りばかりしていた友人の存在があるかと思うと、何だか面白いですね (*´ω`*)

moritasantuika (2).JPG

森田さん、お忙しい中ご協力くださり、ありがとうございました!

今後の更なるご活躍を応援しています!(*^▽^*)

2017年10月 7日

卒業生のライブ情報をお知らせします!(寺岡拓士さん(平成11年度卒))

今回は「芸術の秋」にちなんで、本校の卒業生である二胡奏者の

寺岡拓士さんライブ情報をお知らせします!(✿╹◡╹)ノ☆.。

過去の紹介記事:http://www.fukuyama.kindai.ac.jp/obog/2013/08/post-11.html

17HALE (2).jpg

「HALE to KE  Autumn Tour 2017 In Fukuyama」

2017年11月3日(金・祝)14:30~(開場14:00)

場所:リーデンローズ小ホール

 

「HALE to KE」はピアノ・リズムTAP・津軽三味線・二胡による

異色の音楽ユニット。普段は関東を拠点に活動されていますが、

寺岡さんの地元であるこの福山でも凱旋ライブを開催です!

(それにあわせ、学校芸術鑑賞会として、11/1には旭丘小学校、

11/2には曙小学校でも演奏されるそうです☆)

17HALE (1).jpg

日本、ヨーロッパ、中国、アメリカのグローバルな楽器構成による

「世界を1つに体感できる唯一無二のサウンド!」

11/3(金・祝)はぜひ会場でお楽しみください☆(*^▽^*)

詳しくは090-9731-3194(担当:桑田)まで!

| 2 3 4 5 | 次のページへ»


近大福山TOP

  • rss1.0
  • rss2